もしもAGAという薄毛の病気になってしまったら・・・病気=病院に繋がりますし、また治療費は一体幾らかかるのか・・・。不安に感じる皆さんのためにAGA治療にかかる費用について解説していきます。

『HAIR CLINIC』

AGA治療の種類について

実際の所AGA治療に保険適用は出来ません。治療法については

  1. 飲み薬
  2. 塗り薬
  3. 植毛
  4. 発毛

上記の方法があり、厚生労働省が定める医療保険が適応できるものが上記4つには含まれておらず、分類としては美容整形と同じ扱いとなっています。

金額差は治療内容

①飲み薬・・・プロペシア薬の相場は一ヶ月分で7000~10,000円でAGA治療にはプロペシアを使用する事が多く、ジェネリックのフィンペシア・エフペシア・フィンカー・フィナロ・フィナバルドの場合には2000円程度で購入出来ます。

②塗り薬・・・ミノキシジルが主成分で頭部に塗れば細胞を活発にさせる働きがあるのです。
代表的な薬は「リアップ・ロゲイン」の2つで、リアップは一ヶ月60ml・7000~8000円。
ロゲインは60ml・2500円で購入可能です。

③注射・・・注射はミノキシジル・アミノ酸・フィナステリド・プラセンタと発毛に効果のある成分を頭皮へ注射します。
相場は1回30~4万円で、アメリカから輸入したHARG治療の場合は7~9万円ですが、効果は期待できるようです。

④植毛・・・病院で値段に差がありますが、大方1本300~1000円程度、で1本増える事に金額が変わってきます。

AGA治療はお金がかかる

いかがでしたか?AGA治療って以外にお金がかかるんですね。しかも保険適用外となると治療費がネックになる所ですが、ジェネリックや海外から輸入した治療薬なら費用を抑える事が出来るので、AGA治療を考えている方は一度病院などでカウンセリングを受けてみるとよいと思います。